7699円 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 37鍵 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 KORG microKEY2-37 楽器・音響機器 DAW・DTM・レコーダー MIDIキーボード 7699円 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 37鍵 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 KORG microKEY2-37 楽器・音響機器 DAW・DTM・レコーダー MIDIキーボード 安い コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 microKEY2-37 37鍵 KORG 安い コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 microKEY2-37 37鍵 KORG MIDIキーボード,37鍵,ミニ鍵盤,/gestaltist514736.html,microKEY2-37,7699円,KORG,trinityempowers.technerdstesting1.com,楽器・音響機器 , DAW・DTM・レコーダー , MIDIキーボード,コルグ,コルグ,ミニ鍵盤,MIDIキーボード MIDIキーボード,37鍵,ミニ鍵盤,/gestaltist514736.html,microKEY2-37,7699円,KORG,trinityempowers.technerdstesting1.com,楽器・音響機器 , DAW・DTM・レコーダー , MIDIキーボード,コルグ,コルグ,ミニ鍵盤,MIDIキーボード

安い コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 microKEY2-37 売れ筋ランキング 37鍵 KORG

コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 37鍵 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 KORG microKEY2-37

7699円

コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 37鍵 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 KORG microKEY2-37



シンプルで簡単が、一番いい。
使いやすい道具は、シンプルな形をしています。あまり使わない機能を省き、とことん突き詰めた形は、使う人が目的に向かってまっすぐに進む道筋だけを示しています。それと同時に、その形をずっと変えないことは、変えることよりも強い意思を必要とします。
シンプルなデザイン、手軽でコンパクトなサイズ、弾きやすいミニ鍵盤、簡単接続など、ベストセラーとなった初代microKEYのコンセプトはそのままに、この第2世代では新たにiPad / iPhoneへの対応*、49鍵モデルの新ラインナップ、演奏性を高めるダンパー・ペダル端子など、細部すべてをブラッシュ・アップ。初めてこの製品に出会う人だけでなく、今まで使ってくれた人にもまた選んでもらえるよう、もっと便利で使いやすい道具に進化しました。
デスクトップでもモバイルでも気軽に音楽制作をしたい。一番シンプルで使いやすいMIDIキーボード。microKEY。
* 別売のApple Lightning - USBカメラ・アダプタ経由
小さくても「弾ける」ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボードを搭載。
microKEY-37
microKEY-37
鍵盤には高い評価を得ている「ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード」を採用。黒鍵と白鍵の比率を演奏しやすいよう調整し、和音が押さえやすく、速いフレーズの演奏もしやすい、タッチや弾き心地にこだわった鍵盤です。
第2世代では新たに49鍵モデルが加わり、25 / 37 / 49 / 61鍵の4モデルをラインナップ。打ち込みから演奏、移動先でのモバイル環境から自宅での制作システムの中核まで。幅広い用途にも柔軟に対応します。あなたにぴったりなmicroKEYをお選びください。
USBケーブル1本の接続(※)で、Mac / Win / iPad / iPhoneにすべて対応。
microKEY-25
microKEY-25
microKEYはUSBバス・パワー駆動なので、Mac / WindowsとUSBケーブル1本で接続可能。ドライバーのインストールも不要で、コンピューターと接続すればすぐに演奏を開始できます。また第2世代では、新たにiPad / iPhoneとの接続にも対応。Apple Lightning - USBカメラ・アダプタとUSBケーブル1本だけでセットアップが完了し、KORG Gadget、KORG Module、GarageBandなどのアプリを、microKEYで演奏できます。
※iPad / iPhoneとの接続には別途、Apple Lightning - USBカメラ・アダプタが必要です。
ペダル端子を搭載し、さらに充実したコントロール機能。
37 / 49 / 61鍵モデルには、ダンパー・ペダル接続用のアサイナブル・スイッチ端子を搭載。25鍵モデルでは、サスティン・ボタンによってダンパー機能を実現しています。各モデルとも、オクターブ・ボタンとキー・トランスポーズ機能と組み合わせることで、MIDIのすべての音域を演奏できます。
また37 / 49 / 61鍵モデルには、ピッチベンド、モジュレーション・ホイール。25鍵モデルには、ピッチベンドとモジュレーションを操作できるジョイスティックやアルペジエーター機能を搭載し、限られたスペースながら充実したコントロール性で豊かな演奏表現を実現します。
豪華でパワフルな音楽ソフトウェアを無料バンドル。
microKEYには、人気のiPad / iPhoneアプリ、KORG Moduleの特別版、コルグ名機をプラグイン化したKORG Legacy Collection M1 Leなど、モバイルからデスクトップまで、豪華でパワフルな音楽ソフトウェアが最初から付いてきます。本体を手に入れさえすれば、新たにソフトウェアをお買い求めいただく必要はありません。買った瞬間から音楽を始められます。
「iPad / iPhone用アプリ」は、新型microKEYを接続して使うことで、音色や機能を拡大して使用することができます。
専用エディター・ソフト「KORG KONTROL Editor」を用意。
Mac / Windows専用エディターKORG KONTROL Editorを使えば、ベロシティ・カーブなど細かな設定を、自分の好みに合わせてカスタマイズできます。
スペック
鍵盤
ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード
鍵盤数
37 (microKEY-37)
コントローラー
ジョイスティック、アルペジエーター・ボタン、サスティン / タップ・ボタン、オクターブ・シフト・ボタン (microKEY-25)
ピッチ・ベンド・ホイール、モジュレーション・ホイール、オクターブ・シフト・ボタン (microKEY-37 / 49 / 61)
オクターブ・シフト
-4~+4 (microKEY 25 / 37)
接続端子
アサイナブル・スイッチ (microKEY-37 / 49 / 61)
USB端子
B端子
電源
USBバス電源方式
消費電流
100mA以下
外形寸法(W)×(D)×(H)
565 × 139 × 54 mm
重量
650g (microKEY-25)
1.0kg (microKEY-37)
1.4kg (microKEY-49)
1.7kg (microKEY-61)
付属品
USBケーブル、取扱説明書、KORG Software Bundle code
動作環境
Windows
Microsoft Windows 7 SP1以降 (32bit / 64bit)
Mac OS
10.8 Mountain Lion以降
iOS
iOS8以降
【 即納可能!】【 あす楽 】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。


コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 37鍵 コルグ MIDIキーボード ミニ鍵盤 KORG microKEY2-37

  • 2021年9月15日

述語の分類と、述語と述部の違いについて

この記事では述語の分類と、述語と述部の違いについて説明します。 述語とは?述語の分類 述語とは 述語は、文の中で「~だ/~である/~です」や「~ます/~する」などの形をとって、「何だ」 「どんなだ」 […]

  • 2021年8月11日

ネオリベラル社会におけるコミュニケーション能力の2つの矛盾する側面について(Kubota & Takeda 2021)

コミュニケーション能力について 言語教育ではコミュニケーション能力が大切だと言われます。 このサイトでもコミュニケーション能力について簡単にですが紹介したことがあります。 コミュニケーション能力につい […]

  • 2021年8月2日

相補分布(complementary distribution)とは何か

相補分布とは 相補分布とは、言語学で使われる用語です。 特に、音韻論(特に音素の分析)で重要な概念です。(音韻論については「音声学(phonetics)と音韻論(phonology)の違いについて」を […]

  • 2021年7月20日

日本語の連濁のルールについて

連濁とは、単語と単語が合体するときに、後ろの語の語頭が濁音に変わることをいいます。   例えば、「鼻(はな)」と「声(こえ)」が合わさると「鼻声(はなごえ)」になりますね。 後ろの語「声(こ […]

  • 2021年6月28日

「とりあえず」と「一応」の違いについて

この記事では「とりあえず」と「一応」の違いについて説明します。 どちらも似たような意味で使われることが多く、違いを説明するのが難しいです。 どちらも使えるとき 「とりあえず」と「一応」は両方使えるとき […]

カテゴリー